FX

【FX初心者】FX業者が2種類あるって知ってた?口座開設時の必須知識

「どこのFX会社で口座開設したらいいの?」

「どんな基準でFX会社を選べばいいの?」

FX初心者の人が抱く最初の疑問だと思います。

ネットで検索すればたくさんの会社が出てくるので、どこで口座開設しようか迷ってしまいますよね。

 

FX会社は、大まかに分けると

・国内FX会社

・海外FX会社

の2つに分類されます。

 

それぞれの特徴を解説していきます。

 

本記事の内容

・FX会社の種類

・国内FX会社の特徴

・海外FX会社の特徴

・オススメのFX会社

 

FX会社は2種類ある

国内FX会社

国内のFX会社には、DMMFXGMOクリック証券YJFX!などがあります。

CMなどでご存知の方も多いのではないでしょうか。

国内FX会社のメリット

国内FX会社を使うメリットは、何と言っても「安心感」です。

 

・日本語でのサポートが充実している

・スプレッドが狭い(手数料が安い)

・信託保全が義務付けられている

 

国内FX会社は、金融庁の指導により信託保全が義務付けられています。なので、もし業者が倒産することがあっても、あなたの預けた資産は戻ってきます。これは心強いポイントですよね。

海外FX会社であっても信託保全をしている会社はありますが、義務ではないため全ての会社についているわけではありません。信託保全の有無については自分で確認をする必要があります。

国内FX会社のデメリット

 

・DD方式の会社が多い

・レバレッジが25倍までしかかけられない

 

国内FX会社を使うデメリットは、そのほとんどが取引にDD方式を採用しているということです。国内FX会社でもNDD方式の会社はもちろんありますが、実情としてDD方式の会社がほとんどです。

POINTDD方式でのトレーディングは、ストップ狩りやスリッページの発生など、公平性に欠けることがあり、注意が必要です。

また、国内FX会社はレバレッジが最大25倍までと決まっているので、高いレバレッジをかけられる海外FX会社と比べると、大きな利益が出しにくい印象があります。

海外FX会社

海外FX会社といえば、XMTitanFXTradeviewなどが有名です。

ちなみに筆者はXMを使っています。

XMは数ある海外FX会社の中でも日本人からの人気はNo.1で、知名度は抜群です。

海外FX会社のメリット

 

・高レバレッジがかけられる

・MT4(Meta Trader)が使える会社が多い

・NDD方式を採用している会社が多い

 

海外FX会社のメリット、それはずばり「トレードの透明性」です。取引方式にNDD方式を採用している会社が多いので、スリッページやチャートの不正操作が少ないと言えるでしょう。

また、海外FX会社はトレードツール「MT4(Meta Trader)」を使える会社が多いです。これはMT4でのトレードに慣れている中級〜上級者トレーダーにとっては大きなメリットだと思います。

海外FX会社のデメリット

 

・日本語のサポートがない場合が多い

・信託保全が義務付けられていない

 

海外FX会社を使う上でのデメリットは、万が一トラブルがあった際に日本語でのサポートがないことです。しかし、今はネットでの翻訳機能が充実しているので、筆者は特に今まで困った事はありません。

また、信託保全が義務付けられていないので、心配な方もいるかと思いますが、信託保全がついている会社もあります。事前に自身で調べる必要があります。

結局、国内FX会社と海外FX会社どっちがいいの?

POINT大事なのは公正公平なトレードができること

私は国内FX会社と海外FX会社、どちらの口座も持っていますが、人にオススメしているのは断然、海外FX会社です!

FXを始めたばかりの頃は、どうしても日本語サポートの安心感や、手数料の安さに惹かれてしまうのですが、トレードに慣れ、利益が出始めると別の問題が生じてきます。

それは「トレードの透明性」です。

そもそもFXで利益を出すためには、「自分のエントリーしたいポイントの優位性」を明確にし、そこで確実にエントリーしなければなりません。

でも、もし「ここだ!」というポイントで大きなスリッページや約定拒否が起こってしまっては、そもそも優位性のあるトレードができないわけです。

このような理由から、私は「高レバレッジのかけられる海外FX会社で、且つNDD方式を採択している会社」であるXMを選びました。手数料やツールの使いやすさなどは、長い目で見ればそれほど大した問題ではないと考えています。

まずは公正なトレードができること。これが大事です!

 

 

-FX
-, , , , , , , , ,

© 2024 SAKURA NFT LAB Powered by AFFINGER5